中曽日銀副総裁:必要ならどんな修正が適当か判断-総括的検証

更新日時
  • 金融市場の流動性や金融機関収益にも影響及ぼしている-現枠組み
  • 総裁と同様、「緩和の縮小という方向の議論ではない」とも述べた

日本銀行の中曽宏副総裁は8日午後、都内で開かれた在日米商工会議所主催の講演会で、20、21両日の金融政策決定会合で行う総括的な検証について、「必要ならどのような修正が必要か判断したい」と述べた。現行の金融政策の枠組みについて執行部が修正の可能性に言及したのは初めて。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。