ドル・円は101円台後半、日米金融政策の不透明感が重しに

更新日時
  • 朝方に付けた101円92銭から一時101円41銭までドル安・円高進む
  • レンジ下限の101円に接近も、下抜けは日銀結果待ち-みずほ証

8日の東京外国為替市場では、ドル・円相場が1ドル=101円台で上値の重い展開となった。日米金融政策の不透明感がくすぶる中、日本銀行の中曽宏副総裁の発言を受けてドル安・円高が進む場面もあった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。