米インテル、セキュリティー部門の過半数株をTPGに売却へ

  • データセンター事業に重点を置く戦略の一環
  • 「マカフィー」への出資比率はTPGが51%で、インテルが49%に

代替資産運用会社TPGは、米インテルのコンピューターセキュリティー部門の過半数株式を取得することで合意した。同部門を42億ドル(約4270億円、負債を含む)と評価する取引となる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。