ゴールドマンの債券セールス責任者コーナッチア氏が退職へ-内部文書

  • 後任にはプライムサービス担当グローバル責任者のウィリアン氏
  • ゴールドマンは低迷するトレーディングのてこ入れを目指している

ゴールドマン・サックス・グループに14年勤続の債券セールス共同責任者、トム・コーナッチア氏が退職する。同社は複数年にわたって低迷しているトレーディングのてこ入れを目指している。

  同氏の後任にはプライムサービス担当グローバル責任者のジョン・ウィリアン氏(53)が就き、ジム・エスポジト氏に協力する。ゴールドマンが7日の内部文書で明らかにした。この人事については、ビジネス・インサイダーが同日早くに伝えていた。

  コーナッチア氏(53)は2013年から債券セールス共同責任者を務めてきた。ゴールドマンには02年に入社し、その2年後にパートナーに昇格。ウィリアン氏は02年にパートナーとなった。

ゴールドマン本社(ニューヨーク)

Photographer: Eric Thayer/Bloomberg

  ブルームバーグが入手した別の文書によると、株式セールスの米州責任者ジェフ・ネーデルマン氏がウィリアン氏の後任となる。ネーデルマン氏は04年にパートナーに指名された。

  米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)によると、株式トレーディング共同責任者のピーター・セルマン氏も退職する予定。ゴールドマンの広報担当レスリー・シュリブマン氏は、この件でコメントを控えている。

原題:Goldman Sachs Fixed-Income Sales Co-Head Cornacchia Departs (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE