【FRBウオッチ】利上げは景気循環に逆行、雇用が減速トレンド

  • クリントン元大統領の言葉を借りれば「利下げだよ、おばかさん」
  • 市場がFOMCを代行して引き締め完了、すでに緩和過程に

米金融政策当局者とその動きを追う市場関係者の多くは、単月の雇用統計に一喜一憂しているが、これは危険な兆候である。今回の雇用拡大期では雇用の伸びが2015年春にピークを過ぎ、下降トレンドに転じてきたからだ。過去2度の景気拡大局面を振り返ると、金融政策当局は雇用の伸びがピークアウトしてから、数カ月後に最終利上げを実施、これが最後の一突きになって景気後退(下記チャートの赤の縦縞)に陥っていた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。