4-6月実質GDPは年率0.7%増に上方修正-予想上回る

更新日時
  • 法人統計受けて設備投資は0.1%減に上方修正-マイナス幅が縮小
  • 依然横ばい圏、日銀は時間稼げる可能性も-伊藤忠経済研・武田氏

4-6月期の国内総生産(GDP)は、物価変動の影響を除いた実質で前期比年率0.7%増と速報値(0.2%増)から上方修正された。設備投資が上方修正されて全体を押し上げた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。