ポイント72、日本投資部門をシンガポールに設置-高い自由裁量で運用

  • 小田氏は日本中心のポートフォリオを6年間運用
  • ポイント72は運用者の自由度高める部門を複数設置

  スティーブン・A・コーエン氏のポイント72アセット・マネジメントが日本中心に投資する部門をシンガポールに設置した。同部門では運用者に高い自由裁量を認める。

  5日付の社内文書によると、この部門の名称はブルー・スウェル・アセット・マネジメントで、日本株の上昇や下落を見込んで投資する。部門を率いる小田智文氏はポイント72のシンガポールオフィスで6年にわたり日本中心のポートフォリオを運用してきたという。香港在勤の広報担当、モリー・ビネンフェルド氏が文書の内容を確認した。

ポイント72

Photographer: Emile Wamsteker/Bloomberg

  ポイント72と前身のSACキャピタル・アドバイザーズは高い自由度を求める一部の運用者向けにこのような部門を幾つか設置してきた。クオンツ部門のキュービスト・システマティック・ストラテジーズもその一つ。

原題:Point72 Opens Blue Swell Asia Unit for Manager Seeking Autonomy(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE