新興市場株:MSCI指数、15年7月以来の高値-米利上げ観測後退

7日の新興市場株は上昇。米供給管理協会(ISM)が発表した8月の非製造業総合景況指数が2010年以来の低水準となったことを受け、今月の米利上げ見通しが後退した。

  MSCI新興市場指数は香港時間午後2時58分(日本時間同3時58分)現在、前日比0.5%高。このままいけば15年7月以来の高値で取引を終える。

  フィリピン株は3営業日続落。ドゥテルテ大統領の暴言が投資家心理を損なっているとの観測が広がる中、海外投資家の資金引き揚げが続いている。台湾株は0.8%高。香港上場の中国本土株から成るハンセン中国企業株(H株)指数やタイのSET指数も上昇。

原題:Emerging Assets Rise as U.S. Data Feed Developing-Nation Rally(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE