HSBCの訴追延期を撤回も、米当局が1部門を対象に検討中-関係者

米検察当局は英銀HSBCホールディングスと2012年に結んだ訴追延期合意(DPA)の撤回を検討していると、事情に詳しい関係者2人が明らかにした。同行の外国為替デスクでの取引を問題視し、1部門を訴追する可能性があるという。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。