出光:昭シェル株の取得時期延期、10~11月に-公取委審査が長引き

  • 年内に臨時株主総会、来年4月の経営統合の予定に変更なし
  • 合併反対の大株主は書簡受け取り拒否、平行線のまま先行き不透明

出光興産は7日、9月中を予定していた英蘭ロイヤル・ダッチ・シェル(RDS)からの昭和シェル石油の株式取得時期を10-11月に延期すると発表した。公正取引委員会による審査が長引いているためで、取得時期の延期は2度目。年内に開催する臨時株主総会で株主からの合意を得て、来年4月に経営統合する予定に変更はないという。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。