ロシアのデフォルトリスク、2014年以来の低水準-チャート

  ロシア国債のデフォルト(債務不履行)に備えた保証コストが、ウクライナ危機でのプーチン大統領の役割を欧州連合(EU)が非難して経済制裁を強化した2014年7月以来の低水準に低下している。ウクライナが「テロ」の準備を行っていたとして同大統領がこの動きに対処すると警告した今年8月10日、クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)は上昇した。しかし、事態は進展なく、ウクライナ東部での戦闘が収まったため、リスクプレミアムは低下した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。