新興市場株のリターン、先進国の2倍に拡大-チャート

  新興市場株と先進国の株式のパフォーマンスの差が拡大している。世界の中央銀行の金融政策が引き続き、よりリスクの高い資産にとって支援材料になるとの見方が各国の投資家を引き付けているためだ。MSCI新興市場指数は、3営業日続伸し過去半年間の上昇率が17%となった後、昨年7月以来の高水準で推移。一方、先進国の株式で構成するMSCI世界指数のこの間の上昇率は8.6%だった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。