縮小する世界貿易で中国の存在感高まる-摩擦激化も

縮小しつつある世界貿易の中で中国の存在感が高まっている。賃金上昇や労働人口減少、ベトナムやメキシコなどコスト安諸国との競争激化にもかかわらず、昨年の世界輸出で中国の占める割合は14.6%に上昇した。1980年から集計を開始した国際通貨基金(IMF)統計で最高の水準。2014年は12.9%だった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。