「9月緩和なし」が論理的帰結、画期的な日銀総裁講演-門間前理事

  • マイナス金利の副作用「あそこまではっきり言ったのは初めて」
  • これからはコストとベネフィットを比較、「これはものすごい変化」

日本銀行前理事の門間一夫氏は、黒田東彦総裁が5日行った講演は「非常に画期的で、これまでにない全く新しいスタンスが明確に出てきた」と指摘した上で、今月の金融政策決定会合では「追加緩和なし」という答えが論理的な帰結だと述べた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。