オバマ大統領:米国のアジア重視策は継続する-訪問先のラオスで演説

ラオスを訪問中のオバマ米大統領は6日、中国の存在感の高まりや環太平洋連携協定(TPP)の米議会承認の行方を懸念するアジア諸国に配慮し、アジア地域を重視する米国の方針は継続するとの見解を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。