NY原油(6日):ドル安で続伸、ブレントはサウジ・露成果なく下落

6日のニューヨーク原油先物市場ではウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物が続伸。ドルが5週間ぶりの大幅安となったことで、原油に買いが入った。一方、ロンドンICEのブレント原油は反落。ロシアとサウジアラビアが市場安定で協力する意向を明らかにしたものの、具体的な措置に触れなかったことから失望が広がった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。