NY金:3日続伸、南ア・ランド上昇受けプラチナは4カ月ぶり大幅高

6日のニューヨーク貴金属市場ではプラチナ先物が約4カ月ぶりの大幅高。南アフリカ共和国の通貨ランドの値上がりを好感した。

  RJOフューチャーズ(シカゴ)のシニア・マーケット・ストラテジスト、ボブ・ヘイバーコーン氏は電話インタビューで、「プラチナが上昇する要因が勢揃いしている」と指摘。「ランドは生産コスト面で支えになるため、こうした要因の一つだ。ランドにはまだ上昇余地がある」と述べた。

  ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のプラチナ先物10月限は前週末比3.8%高の1オンス=1102.70ドルで終了。中心限月としては4月19日以来の大幅上昇となった。

  ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は2.1%上げて1オンス=1354ドル。8月2日以降で最長の3営業日続伸。

  銀先物とパラジウム先物もそれぞれ値上がりした。

原題:Platinum Rises Most in 4 Months as Rand Boosts Mine-Cost Outlook(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE