サウジ、総額2兆円超のプロジェクト取りやめを検討-関係者

  • 総額7兆円超のプロジェクトを見直し-3分の1を白紙に戻す可能性
  • 省庁の統廃合も計画-財政赤字の縮小に向けた取り組みと並行

サウジアラビアは総額200億ドル(約2兆500億円)を超えるプロジェクトを白紙に戻す方向で検討している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。経済規模上位20カ国の中で最も高い財政赤字を縮小する取り組みを強化する。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。