フィリピン大統領、オバマ氏への発言に後悔表明-首脳会談を開催へ

Philippine President Rodrigo Duterte (C) attends a welcome dinner at the ASEAN Summit in Vientiane.

Photographer: Ye Aung Thu/AFP/Getty Images
Photographer: Ye Aung Thu/AFP/Getty Images

フィリピンのドゥテルテ大統領は、オバマ米大統領に対する自らの暴言まがいの発言が影響し、ラオスでの首脳会談が中止となったことを受けて、関係の修復に乗り出した。

  ドゥテルテ大統領は大統領府が6日公表した声明で、麻薬対策への米国の干渉にけん制する発言が、「個人攻撃のような印象を与えた」ことを後悔していると述べ、首脳会談を後日行うことで両国が合意したことを明らかにした。

Obama Cancels Meeting With Duterte After Outburst

原題:Philippines’ Duterte Regrets Tirade After Obama Cancels Meeting(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE