原料炭の契約価格:四半期改定が導入された2010年以降で最長の上昇か

  • 中国での石炭減産と鉄鋼生産の増加で需要が拡大
  • 石炭スポット価格は今月、約2年ぶりの高値に上昇

鉄鋼原料となる原料炭の契約価格は、2010年に四半期ごとの改定が導入されて以降で最長の上昇局面となる見通しだ。中国が石炭生産を削減する一方、鉄鋼生産を増やしているためだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。