銀行の資本規制見直し、5年間凍結を-クレディ・アグリコルCEO

欧州の銀行の貸し出し余力を低下させないようバーゼル銀行監督委員会は銀行資本の規制を抜本的に見直す計画を5年間凍結すべきだ。仏銀クレディ・アグリコルのフィリップ・ブラサック最高経営責任者(CEO)はこう主張している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。