【端末機能ガイド】円高・人民元安にも負けず中国人観光客は日本へ

人民元が対円で引き続き下落しているにもかかわらず、中国からの訪日観光客は増加を続けている。

  日本政府観光局(JNTO)の最新の統計によると、7月は73万1400人の中国人が日本を訪れた。月間ベースでは過去最高だった。4-6月(第2四半期)についてみると、中国人訪日観光客の4割強が20代、30代の女性で、多くが化粧品を買い求めた。中国での所得向上も訪日客増加の理由とされている。

  円・人民元のスポットレートと観光業との関係を分析するためのブルームバーグのチャート機能を紹介する。

  中国人観光客の訪日と両国通貨の関係を以下の手順で探ってみよう。

  ・端末に「China outbound」と入力し、オートコンプリートされた候補の中から「China Outbound Tourists - Total」を選択。
  ・「 GP ラインチャート(Line Chart)」を選択。直接「CHTUTL <Index> GP <GO>」と入力して、この画面を一気に呼び出すことも可能。
  ・チャート右上の「銘柄・スタディ(Security/Study)」ボタンを押し、灰色の「銘柄追加(Add Security)」ボタンを押す。
  ・新たに出現した黄色のボックスに再び「China outbound」と入力、オートコンプリートされた候補の中から「China Outbound Tourists - Japan」を選択する。
  ・左上の期間の欄は、スタート日として「12/31/2013」、終了日として「06/30/2016」を選択。「GO」キーを押す。
  ・「銘柄・スタディ(Security/Study)」を押すと右側に出ていたパネルが消える。
  ・赤いツールバーの「編集(Edit)」をクリックし、「標準化(Normalization)」を選択。
  ・新たにポップアップ画面が出現する。「標準化パネル1(Normalize Panel 1 by)」にチェックを入れ、その右横の黄色のボックスから「変動率(Percentage Appreciation)」を選択、右下の「更新(Update)」を押す。

  作成されたチャートは、2013年末から中国人訪日観光客が400%余り増加したことを示す。海外旅行をした中国人の数は全体でも再び増加傾向となり、同期間は35%増だった。

  同期間の円の対人民元での上昇を見てみる。

  ・「yen yuan」と入力し、オートコンプリートされた候補の中から「JPYCNY Curncy Japanese Yen / Chinese Renminbi Cross (XDF Default) 」を選択。
  ・「 GP  ラインチャート(Line Chart)」を選択。直接「 JPYCNY <Curncy> GP <GO>」と入力して一気に この画面を呼び出すことも可能。
  ・左上の期間設欄はスタート日を「12/31/2013」、終了日を「08/25/2016」とし「GO」キーを押す。
  ・チャートの上部中央にある「各種ライン等(Annotate)」をクリック、チャート左側に現れるバーの上から3番目の「 % 変化率(Change)」機能のアイコンをクリック。
  ・チャートの最初の数値をクリック(「+」マークが現れたことを確認し)、マウスを最後の数値までドラッグして離す

  出来上がったチャートは、円が人民元に対し13年末から15%余り上昇しているにもかかわらず、中国人訪日観光客は依然として歴史的高水準にあることを示している。

関連記事:
・「爆買い」は家電より化粧品・香水に-訪日中国人の消費動向に変化
中国人観光客の日本再訪率は高い-チャート
・7月の訪日外客数は19.7%増の229万7000人

この FFM 記事についてのお問い合わせは:
Alvin Giang, foreign-exchange specialist: +86-21-6104-3159 or agiang5@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE