昼間からバドミントン-中国の生産性の伸び、アジア危機以降で最悪

中国の天津では、政府職員が真っ昼間に事務所のロビーでバドミントンをしている。東北部の遼寧省鉄嶺では、家族経営の零細工場で働く人たちがトラックのゴム製部品を手作業で切っている。収入は1カ月に約600ドル(約6万2000円)だという。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。