中国のアルミ業界、自動車や飛行機に照準-市場揺るがす兆し

  • 中国の大手、アルミ供給過剰で高価値製品の製造目指す
  • 市場の変化で米アルコアは会社分割を計画、劉氏は米アレリス買収

中国が世界最大のアルミニウム生産国として台頭し、業界を揺るがしている。供給が過剰となっていることから、競合企業は利益が減少しプラントの閉鎖を余儀なくされている。1世紀余りにわたって業界を象徴する存在である米アルコアは、製錬所を相次いで閉鎖し、会社分割を計画している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。