原油市場の強気派、サウジとロシアの生産協議に失望-チャート

  サウジアラビアとロシアが5日、中国で開催されていた20カ国・地域(G20)首脳会議で原油市場について共同声明を発表すると報じられたことから、北海ブレント原油相場は一時5.5%上昇した。「重大」発表への期待から相場は上昇したが、発表は強気派を失望させることとなった。両国は生産抑制に向けて具体的な方策を示すには至らず、相場は1バレル=48ドル近辺に値を削った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。