日本株3カ月ぶり高値、欧州株堅調と円高一服-売買は盛り上がり欠く

更新日時
  • TOPIXは5日連続高、建設や食料品、水産など内需買われる
  • 東証1部の売買代金は4日連続で2兆円割れ

6日の東京株式相場は続伸。欧州株の堅調に加え、為替の円高方向への動きが一服したことが安心感につながり、水産や建設、情報・通信、食料品、サービス、小売株といった内需セクター、化学やガラス・土石製品など素材株の一角が高い。保険や銀行など金融株も堅調。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。