オバマ米大統領:フィリピン大統領との会談中止-理由は示さず

更新日時
  • ドゥテルテ大統領は麻薬対策に米国が介入しないようどう喝
  • フィリピンの麻薬撲滅作戦で2カ月間に2400人を殺害

オバマ米大統領はラオスで6日に予定されていたドゥテルテ比大統領との会談を取りやめた。ドゥテルテ大統領はフィリピンの麻薬撲滅作戦に米国が介入しないよう激しい言葉で警告していた。

  米国家安全保障会議(NSC)のプライス報道官は、オバマ大統領が東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議出席に合わせて予定していたドゥテルテ大統領との会談を行わないと説明。声明によると、オバマ大統領は代わりに、韓国の朴槿恵大統領と会談する。

  プライス報道官は声明で予定変更の理由に言及していないが、ドゥテルテ大統領は5日、フィリピンの内政問題だとして、麻薬撲滅の手法への米国からの批判をはねつけていた。同大統領はさらに、オバマ大統領が会談で疑義を呈するなら、首脳会議の席上で「ののしってやる」と発言。「彼は何さまのつもりだろう。私は主権国家の大統領であり、わが国はかなり前に植民地支配から脱している。私を大統領に選んだフィリピン国民に対してだけ、私は釈明義務を負っている」と語っていた。

  ドゥテルテ大統領は自身が推し進める麻薬撲滅作戦への国際的批判に対し、挑戦的な態度を崩していない。同作戦で殺害した容疑者の数は大統領就任からおよそ2カ月で約2400人となった。

原題:Obama Cancels Meeting With Philippines President After Outburst(抜粋)

(3段落目以降に背景などを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE