新興国株・通貨が上昇、9月の米利上げ観測後退で高利回り資産に買い

  • 予想下回る米雇用の伸びで早期の金融引き締め観測が後退
  • 原油高が資源輸出国の資産価格を支える

5日の新興国株は上昇し、この2営業日の上げは過去1カ月で最大となった。新興国通貨も高い。8月の米雇用者数の伸びが予想を下回ったことから、今月の米利上げ観測が後退し、高利回り資産の魅力が高まった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。