9月5日の欧州マーケットサマリー:株が小幅続伸、ドイツ債変わらず

更新日時

欧州の為替・株式・債券・商品相場は次の 通り。(表はロンドン午後6時現在)

為替         スポット価格 前営業日
ユーロ/ドル        1.1154   1.1156
ドル/円            103.31   103.92
ユーロ/円          115.23   115.96


株               終値   前営業日比 変化率
ダウ欧州株600   350.62     +.18      +.1%
英FT100      6,879.42   -15.18     -.2%
独DAX      10,672.22   -11.60     -.1%
仏CAC40     4,541.08    -1.09     .0%


債券          直近利回り 前営業日比
独国債2年物      -.64%       -.01
独国債10年物     -.05%       -.01
英国債10年物     +.72%       -.01


商品                  直近値   前営業日比 変化率
金   現物午後値決め  1,326.35    +1.65     +.12%
原油 北海ブレント         47.56      +.73    +1.56%

◎欧州株:続伸、4月来高値を更新-エネルギー株主導も上げ幅縮小

5日の欧州株式相場はストックス欧州600指数が小幅に続伸し、4 月以来の高値を更新した。中央銀行が緩和的な金融政策を継続する可能 性が市場で吟味されている。

原油価格とともにエネルギー株が上昇。ロシアとサウジアラビアが 国際石油相場の安定に向けた協力で合意したことが好感されたが、増産 凍結で合意に至らなかったことが後で明らかになり、上げ幅を縮小し た。

中国で開かれた20カ国・地域(G20)首脳会議の共同宣言で、鉄鋼 の世界的な生産過剰への言及があったことを受け、鉱業株が上昇。中で もアルセロール・ミタルが買われた。

指標のストックス欧州600指数は前週末比0.1%高の350.62で取引を 終了。一時は0.4%高まで上昇した。5日の米国市場は祝日のため休場 となっている。

EFGアセット・マネジメントの調査責任者、ダニエル・マリー氏 (ロンドン在勤)は「今週は欧州中央銀行(ECB)が注目の的にな る」と指摘。「個人的には大きなサプライズはなく、中立的な会合にな るだろうと考えている。何かある場合でも、本格的な行動ではなく微修 正だろう」と語った。

原題:Europe Stocks Eke Out Advance as Investors Assess Policy Support(抜粋)

◎欧州債:ドイツ債ほぼ変わらず、JPモルガン「QEなき世界」警告

欧州中央銀行(ECB)が今週にも金融緩和を拡大するとエコノミ ストは予想しているかもしれないが、JPモルガン・チェースは既に量 的緩和(QE)終了後の世界に目を向け、利回りの調整に備えるよう投 資家に注意を促している。

為替・商品・国際金利調査責任者のジョン・ノーマンド氏(ロンド ン在勤)は5日のリポートで、ECBの緩和策が限界に達しつつある 「状況証拠は積み上がっている」と指摘した。

この結果として債券利回りが過去最低から上昇する可能性があると JPモルガンは警告。ここ3週間に、政策の「段階的な見直し」で利益 が出るような取引を物色してポジションを建ててきたと、ノーマンド氏 は別のリポートで先週述べていた。

同氏は欧州の周辺国債券のオーバーウエートポジションを縮小する ことを勧めた。指標債との利回り差が最大1ポイント拡大する可能性が あるとみている。また、長期債利回りが短期債よりも大きく上昇するイ ールドカーブのスティープ化で利益が出る取引も有望としている。

現時点でQE終了を想定するエコノミストは少ない。ブルームバー グが先週実施した調査では約半数が8日の緩和拡大決定を予想した。残 りのほぼ全員が10月か12月の拡大発表を見込んでいる。

ロンドン時間午後5時のドイツ10年債利回りは前週末からほぼ変わ らずのマイナス0.048%。先週は3ベーシスポイント(bp)上昇し た。2026年8月償還債(表面利率ゼロ)の価格は100.482。

同年限のスペイン債の利回りは2bp低下し1.01%。

原題:JPMorgan Warns Europe’s Bond Investors About a World Without QE(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE