アジア株:MSCI指数、8週間ぶり大幅高-米利上げ観測後退で

5日のアジア株は8週間ぶりの大幅上昇。8月の米雇用統計で非農業部門雇用者数の伸びが市場予想を下回ったことを受け、米金融当局が今月利上げに踏み切るとの観測が後退した。

  MSCIアジア太平洋指数はロンドン時間午前7時16分(日本時間午後3時16分)現在、前週末比1.3%高。資源株が上げの中心となっている。

  香港市場のハンセン指数は1.7%高。このままいけば8週間ぶりの大幅高で取引を終える。香港の8月の住宅販売戸数が1年2カ月ぶり高水準となったことから、不動産株が高い。

  タイのSET指数は1.4%安。タイ王室庁は4日遅く、入院中のプミポン国王(88)の容体が若干改善していると発表した。

原題:Asian Stocks Rally With European Futures as Payrolls Sink Dollar(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE