フィリピンのニッケル鉱石輸出、30%減少する可能性-大手採掘会社

  • 鉱山の監査や天候不順で生産量減少か-グローバル・フェロニッケル
  • ニッケル鉱石生産量は前年比で少なくとも20%減少すると同社は予想

世界最大のニッケル供給国であるフィリピンのニッケル鉱石輸出が今年、最大30%減少する可能性があるとの見方を、生産大手である同国のグローバル・フェロニッケル・ホールディングスの最高経営責任者(CEO)が示した。同国当局が環境基準に適合しない鉱山の取り締まりを進めているほか、価格が軟調であることや天候不順により一部企業は1-6月(上期)に減産した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。