米利上げ見通し、2分されたまま-雇用統計後も今月実施の確率32%

  • ゴールドマンとバークレイズは雇用統計で利上げ根拠強まったと分析
  • シティグループとドイツ銀行はFOMCは様子見の公算大きいとみる

米政策金利の先行きを見極めようと2日発表の米雇用統計に注目していた米国債のトレーダーは、 市場全体で見れば結局分からないという結論に至った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。