米シェール企業の石油・ガスリグ稼働数が増加-コスト低下で

  • 米国のリグ稼働数はパーミアン盆地を中心に増加
  • 沖合リグはハリケーンの影響でメキシコ湾の7基が稼働停止

米シェール企業は国内の石油・天然ガスリグ(掘削装置)の再稼働を増やしている。コストが過去最低水準に低下したことから、リグ稼働数は増加している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。