サウジ:10月積みアジア向け原油調整金を引き上げ-需要拡大の兆しで

  • サウジアラムコ、アラビアンライトの調整金を90セント引き上げ
  • アジア地域の指標原油価格から20セント割り引く水準に設定

世界最大の石油輸出企業であるサウジアラビア国営石油会社サウジアラムコは、10月積みのアジアと米国向け原油の調整金を引き上げた。需要拡大の兆しが見られることが要因。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。