三井住友トラストも日本株ヘッジファンド清算へ、株価低迷で不振

三井住友トラスト・ホールディングスが2007年から運用する日本株ロング・ショート・ファンドの清算を進めていることが明らかになった。特に昨年夏以降の株価低迷などで運用成績が振るわず、解約により運用額が1000万ドル(約10億円)程度に減少していた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。