ECBノボトニー氏:トルコの相対的貧困、EU加盟を非現実的に

欧州中央銀行(ECB)政策委員会メンバー、ノボトニー・オーストリア中銀総裁は、トルコの欧州連合(EU)加盟を想像するのは長期的にみても非現実的だと述べ、民主主義が不十分との懸念に関係なく、経済の構造が理由だと説明した。

  ノボトニー総裁はオーストリアのアルプバッハで記者団に対し、EUに比べてトルコが相対的に貧しいことや同国の規模からみて、人や資金の持続不可能な移動を引き起こす恐れがあると指摘。EU加盟が選択肢であると見せ掛けることは不確実性を生み出し「問題がある」とも述べ、「経済状況があまりに不釣り合いであれば、経済共同体はうまくいかない」と付け加えた。

原題:ECB’s Nowotny Says Turkey’s Poverty Makes Joining EU Unrealistic(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE