バークレイズ、スロスビー氏を投資銀行責任者に近く起用-関係者

更新日時
  • スロスビー氏はJPモルガンの株式グローバル責任者
  • バークレイズは今後数日中に起用を公表する可能性

英銀バークレイズはJPモルガン・チェースのティム・スロスビー氏を投資銀行の監督を含む法人・国際部門の責任者に近く起用する。事情に詳しい関係者2人が明らかにした。これによりジェス・ステーリー最高経営責任者(CEO)の経営チームの最後の空席が補充される。

  関係者の1人によると、バークレイズは今後数日中に起用を公表する可能性がある。この人事が最終的でないことを理由に匿名で語った。スロスビー氏(50)は2010年にJPモルガン入りし、その2年後に株式グローバル責任者に就任してロンドンから同事業を率いている。

バークレイズ本社(ロンドン)

Photographer: Luke MacGregor/Bloomberg

  昨年12月にバークレイズに移籍したステーリー氏は、それ以前にJPモルガンで30年余り勤務した経歴を持ち、バークレイズの経営上層部刷新ではJPモルガンから幅広く人材を採用している。スロスビー氏は、バークレイズに今年移籍したC・S・ベンカタクリシュナン最高リスク責任者(CRO)やポール・コンプトン最高執行責任者(COO)に続くJPモルガン出身の経営幹部となる。

  スロスビー氏の携帯電話に取材を試みたが、現時点で返答はない。

  トム・キング氏が3月に退社して以来、投資銀行部門の責任者は空席が続いていた。  

原題:Barclays Said Close to Naming Throsby to Run Investment Bank(抜粋)

(3段落以降を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE