【今週の債券】長期金利低下か、日銀総裁講演で緩和姿勢示すとの見方

  • 長期金利の予想レンジはマイナス0.08%~プラス0.03%
  • 日銀緩和姿勢が確認されれば超長期金利上昇に歯止め掛かる-岡三証

今週の債券市場では長期金利が低下すると予想されている。日本銀行の黒田東彦総裁が講演で、追加緩和余地が十分あるとの見解を、先週に引き続いき述べるとの見方が背景にある。
  
  ブルームバーグが前週末に市場参加者5人から聞いた新発10年物国債利回りの予想レンジは全体でマイナス0.08%~プラス0.03%。日銀の黒田総裁は5日、中曽宏副総裁は8日に講演を行う予定。前週は日銀が今月の金融政策決定会合で実施する政策の「総括的な検証」をめぐる不透明感から、10年債利回りはマイナス0.02%まで水準を切り上げた。
 
  パインブリッジ・インベストメンツ債券運用部の松川忠部長は、日銀総裁の講演が注目されると指摘。「先月のジャクソンホールでの講演と変わらず、特に新しいことは出てこないと考えている。すなわち、三次元緩和に限界がないことや金利低下のポジティブな効果を強調するものとなりそうだ」とし、相場は戻りを試す展開になる」と予想している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。