ウズベキスタンのカリモフ大統領が死去、27年間君臨-政府

  • 先月28日に脳出血を起こして病院に収容されたとAP通信
  • 欧米諸国に接近し、ロシアとの関係のバランスを取ってきた

ウズベキスタンで独裁体制を敷いてきたイスラム・カリモフ大統領が2日、首都タシケントで死去した。78歳だった。同国政府がウェブサイトに声明を掲載した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。