ドゥテルテ大統領:全土に「無法状態」宣言-ダバオの爆発事件で

更新日時
  • 爆発で少なくとも14人が死亡、67人が負傷
  • 地元メディアはイスラム過激派のアブサヤフが犯行声明と報道

フィリピンのドゥテルテ大統領の出身地である同国南部ミンダナオ島ダバオ市で現地時間2日午後10時30分(日本時間同11時30分)ごろ、夜市で爆発があり少なくとも14人が死亡した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。