【日本株週間展望】輸出中心続伸、3カ月ぶり1万7000円回復 (訂正)

訂正済み
  • 年内の米利上げ確率が上昇、日本株に新規マネー流入も
  • 日銀総裁講演やECB総裁会見、米アップルイベントに注目

9月1週(5ー9日)の日本株は続伸し、日経平均株価は6月1日以来、約3カ月ぶりに1万7000円を回復しそうだ。米国の年内利上げ観測が広がりを見せ、為替はドル高・円安傾向となっている。輸出株が買われやすく、日本銀行の金融政策に対する期待もあり、金融株の上昇も続く。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。