香港株:上昇、週間でも値上がり-CKハチソンや中国銀行が高い

更新日時
  • ハンセン指数は前日比0.5%上げ、2015年8月以来の高値
  • H株は0.8%高-上海総合指数は0.1%高

2日の香港株式相場は上昇。週間ベースでも値上がりとなった。長江和記実業(CKハチソン・ホールディングス)や中国銀行が上げた。

  ハンセン指数は前日比0.5%高の23266.70と、約1年ぶりの高値で終了。前週末比では1.6%上昇した。CKハチソン(1 HK)は同指数の構成銘柄で最大の上げ。イタリアでの資産統合について欧州連合(EU)から承認された。統合により同国最大の携帯電話会社が誕生する。中国銀行(3988 HK)は4日続伸。今週発表した1ー6月(上期)の利益が予想を上回った。

  UOBケイ・ヒアン(香港)のエグゼクティブディレクター、スティーブン・レオン氏は「イタリアでの資産統合のニュースが好感され、ハチソン株は地合いを改善させている」と指摘した。

  香港上場の中国本土株で成るハンセン中国企業株(H株)指数は前日比0.8%高で終了。週間では1.4%上昇した。

  中国本土市場の上海総合指数は前日比0.1%高で引けた。同指数の50日ボラティリティ(変動性)は2014年10月以来の低水準に低下した。

原題:Hong Kong Stocks Post Weekly Advance as CK Hutchison Leads Gains(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE