米アップルは来年5200億円以上を米国に還流させる可能性-CEO示唆

  • クックCEOがアイルランドのラジオ局とのインタビューに応じる
  • レパトリ後すぐに納付できるよう数十億ドルを積み立てたと発言

アップルは来年、海外に滞留させている利益のうち、少なくとも50億ドル(約5200億円)を米国に還流(レパトリ)させる可能性がある。ティム・クック最高経営責任者(CEO)がアイルランドのラジオ局とのインタビューで示唆した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。