中国流の景気浮揚、G20各国は見習えるか-インフラ投資で沸く杭州

  • 杭州の上期の経済成長率は約11%、低迷する先進国経済と差は歴然
  • 中国の経験をそのまま移植できるほど単純ではないとクイジス氏

中国の杭州市で20カ国・地域(G20)首脳会議が4、5両日開かれる。各国首脳は地下トンネルや新たに開通した地下鉄、6車線ある空港ハイウエーなど巨額のインフラ投資を実施した結果、大きく変貌し活況に沸く都市を目の当たりにすることになる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。