プーチン露大統領:OPECとの増産凍結合意望む-イラン除外も

更新日時
  • 増産凍結合意は「世界のエネルギーにとって正しい決定」
  • 産油国はイランの関与について妥協点を見いだす必要を認識

ロシアのプーチン大統領は、石油輸出国機構(OPEC)とロシアが原油の増産凍結協議で合意に達することを望むと述べ、イランの参加をめぐる意見の相違が解消されるとの見通しを示した。OPECとロシアで世界の原油生産の半分を占める。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。