ドル・円が103円台後半に反発、米利上げ観測支え-雇用統計見極めへ

更新日時
  • 103円13銭を下値に、午後には一時103円63銭まで水準切り上げる
  • ドル・円が底割れすることはない-FXプライムbyGMO

2日の東京外国為替市場では、ドル・円相場が1ドル=103円台後半に反発。海外時間に注目の米雇用統計の発表を控えて様子見姿勢が広がる中、米年内利上げ観測を背景にドルは底堅く推移した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。