プーチン露大統領:トランプ、クリントン両陣営の「奇襲」戦略を批判

  • ロシア政府が米大統領選に介入している事実はないと疑惑を否定
  • 「責任ある決定を行い、合意事項は実現できる人物を相手にしたい」

ロシアのプーチン大統領は、米大統領選の共和党候補ドナルド・トランプ氏と民主党候補のヒラリー・クリントン前国務長官の選挙戦略を批判した。トランプ陣営にひそかに肩入れしているとの指摘がある中で、どちらかを公然と支持することを拒否した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。