プーチン大統領:米民主党全国委ハッキングは市民への奉仕-関与否定

ロシアのプーチン大統領は1日、米民主党全国委員会(DNC)の多数の電子メールや文書がハッキングされたことについて、市民への奉仕につながったと述べた上で、米国が指摘するロシア政府の関与については否定した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。