ロシア:原油価格が50ドル近辺なら増産凍結を協議する必要ない

  • 原油価格が下落すれば協議再開を検討するつもりだとエネルギー相
  • OPECは9月下旬にアルジェで非公式会合の開催を予定

ロシアのノバク・エネルギー相は、原油価格が1バレル=50ドル近辺であれば、同国としては増産凍結について他の主要石油輸出国と協議する必要はないと考えていることを明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。