TOPIXが3日続伸、米利上げ観測後退で内需見直し-輸出軟調重し

更新日時
  • ISM製造業統計さえず、債券代替銘柄に見直し買い
  • 米雇用統計控え指数の方向性定まらず、売買も低調

2日の東京株式相場は、TOPIXが3日続伸。米国の早期利上げ観測が後退する中、食料品や陸運、情報・通信、電気・ガス株といった内需・ディフェンシブセクターが見直された。保険や証券株も高い。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。